アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
良い右翼、悪い右翼、普通の右翼。
ブログ紹介
このブログは、はじめ「予言ブログ(実現確率)」でスタートして、2005年12月からは「先取り未来ニュース配信者」にタイトルを変更。その後、数回だけ「石橋湛山に為り切りコラム」を経て現在のブログ名。

マスコミに民主化を迫ろう!!

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
北陸地震、発生の遠因は「東京の開発」です。
 なぜか日本海側ばかりに直下型の地震が起きて、太平洋側でそろそろ起こるはずの(もうとっくに起こっていてよいはずの)プレート型の地震が発生していない。高い確率で、専門家も太鼓判を押している太平洋沿岸よりも、最近はノーマークのところばかりで地震が起きている。古くは奥尻、最近では中国地方や福岡、新潟、そして今回と、いずれも日本海側だ。それを説明するのに一番つじつまが合うメカニズムは、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/26 23:48
拉致問題にこだわる右翼は国賊か?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/12 23:10
右翼は、農業部門の自由化問題にどう答えるべきか?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/08 23:23
「産む機械」発言は正しいか?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/03 00:22
「イジメ自殺」をどう防ぐか?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/11/14 01:29
「京都議定書」は何処へ行った?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/08 00:30
日本は、核兵器を保有するべき?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/07 00:39
「いじめ問題」をどう見るべきか?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/20 00:47
日本は、安保理の常任理事国入りを目指すべきか?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/05 23:36
日本は民主主義を採り入れるべきか?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/03 00:00
拉致問題の解決は、国益?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

2006/09/21 01:32
日本社会が大事にすべきは、高齢者か? 若者か?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 1

2006/09/19 01:04
日本人が誇りを持つ対象は”国”か? ”自分自身”か?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/09/11 01:02
神の国に住む同じ民族のあいだにも「格差」があって良いか?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/07 01:08
質素・倹約の精神は日本民族が誇る美徳か?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/08/31 00:40
昭和天皇が愛した東京湾のハゼを救済すべきか?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 00:32
天皇陛下の望み通り、近隣諸国と良好な関係を築く?
ふつうの右翼: ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/25 00:36
5、日本は北朝鮮に対して、「戦略なき戦術」を用いるべきではない。
 北朝鮮の新たな行動に対して日本国内では、「経済制裁で対抗するべし」との声が強く聞かれるが、果たしてその制裁措置がどんな結果をもたらすのか? を想像しながら発言している人がこの国にどれほどいるのだろうか? 「やられたから、やりかえす」「なめられてはいけない」という類の「稚拙な感情論」は、まさに子どもの喧嘩と同様であり、賢い人類が長い年月をかけて築き上げてきた「高度な外交戦略」とは全く掛け離れたものである。多くの日本人はこの手の「短絡的で誰にも分かり易い戦術」を支持する傾向にあるが、そこに「長... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/05 11:54
4、日本は捕鯨再開を望むならば、「海洋生物保護のリーダー」になる覚悟を持たねばならない。
 日本では、相変わらず一部に熱狂的に捕鯨再開を求める声が聞かれる。しかし、捕鯨再開で国際世論を取りつける事は依然困難な状況のようである。私個人としては、クジラを捕ろうが捕るまいが、正直言ってあまり関心は無い。「多少捕っても全く問題は無い。いや、むしろある程度捕って個体数を調整した方が賢明だ」という再開派の意見には、直感的に正しさを感じるが、かといってクジラをどうしても食べたいとは思わないし、さらに再開派が主張するような「日本の漁業の伝統や食文化を守る」との理屈に対しては、「さんざん日本古来の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/30 11:24
ブラジルに負けて悔しがる日本人は「驕っている」
 オーストラリアに負けたチームに向かって「ブラジル戦は頑張れ」と真顔で応援できる国は世界中見渡しても日本ぐらいなものだろう。このような状況を生み出したのは、商売気たっぷりのマスコミであり、世界のサッカー事情など全く知らず、ただ時世に流されていたに過ぎない殆んどの日本国民である。それは理解できる。しかし、私がたいへん驚き、複雑な心境に為らざるを得なかったのは、ブラジル戦を終えた後の選手の悔しがり様を見た時である。私は、外野で騒ぐ人たちとは違って、選手はみな自分たちの実力と相手チームの実力を十分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/28 00:23

続きを見る

トップへ

月別リンク

良い右翼、悪い右翼、普通の右翼。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる